理想の会社

経営とは結局のところ、誰とどんな世界を創りたいかだと考えています。もちろん、これにはいろんな見方、考え方があり、価値観があるでしょう。幸せな会社とは、経営者の理想の会社の状態が実現されていて、それによってお客さんが満足し、社員も自己実現できて満足し充実している。もちろん経済的にも必要十分な善循環が確保されている。そんな会社は理想的で、幸せです。

経営者、そして社員が、人生でどんなことを、どんな風に表現したくて、人生に於いて誰とどんなお客さんと関わりを持ちたいのか、誰とどんなお客さんとつながっていたいのか、そんな彼らとどんな世界を楽しみたいのかに尽きると思います。それが会社にとっての本当のお客さんだと思うのです。

気の合わない人と一緒にいることはとても難しいことです。でも、利益=お金のためなら嫌な人とでも付き合う。苦しくても我慢する。確かにそれでお金は儲かるかも知れませんが、それは幸せな経営とは言えないでしょう。

幸せな経営についてどう思いますか? あなたにとって幸せとはどんな状態でしょうか?

今という時代は、大きなシフトの真っ直中にいます。毎日のように驚くべきニュースが飛び込んできます。いくら先を予測しても、予測通りにはなかなかいきません。どんな優れた研究者の予測も、3年先はどうなっているかわからないのです。もっと言えば、1年先もわからない時代です。

東日本大震災、津波、原発事故、政治の混乱、領土問題など、数年前に予測できたでしょうか?こうしたことが次から次へ起こる時代。今は歴史的な転換点であり、新しい世界へとシフトを余儀なくされている時です。これまでの価値観が通用せず、全く新しい視点で、起こる出来事をどんどん受け入れながら、新しい価値観を再構築していく、そうしたスタンスから新しい世界を創造していくことが求められています。

先の予測できない変化を体験している私たちですが、この先どうなっていくのか全くわからないわけではありません。人々の意識が開かれて、本質を生きようとする人々が確実に増えていくことは間違いないでしょう。何かに依存して、守られた世界で言われたことを信じて、ただ漫然と生きる人は、かなり生きにくい世界になるはずです。

自分はどんな世界を生きたいのか。どんな人生を送りたいのかを考えざるを得ない社会環境になり、政府や大きな会社、社会の仕組みに依存しない、自分で物事をしっかり考える人には、逆に生きやすい時代になります。それは、社会の仕組みがどんどん変化し、転換していく中で、これまでのシステムの中での安定していた状態、環境が変化するために、新しい環境に適合するために自分が変わらなくてはいけなくなるからです。

人が変わらざるを得ない以上、会社も変わらざるを得ません。本当の自分を生きたい人が増えて行くに従って、会社もそんな社員の自己実現を目指す社員の思いを何らかのカタチで支援していかなくては、優秀な人材の流出ということにもなり、成長する企業を実現するには、こうした時代の流れにどんどん対応していかなければならなくなってくるのです。

会社は、人が財産で、お客様も含めて、人がいて成り立っています。そこに人がいるという原点を見つめながら、どんな会社、どんな世界を創造して行くのか、マイルストーンデザインがどう支援していけるのか、いつも考えています。

デザインにできること

コミュニケーションから始まる

マーケティングとデザイン

何のためのWebサイト

お客さんは誰

売上げを上げる方法

理想の会社

ファインディング・ジョー「英雄の法則」 FINDING JOE 真の自分と出会う冒険への誘い

Quest Cafe [クエストカフェ] 自分という人生を旅する。魂の物語。

採用情報  Iターン、Jターン、Uターン 地方で、岡山で仕事をしてみたいという Webデザイナー、グラフィックデザイナーの方へ Webデザイナー、 グラフィックデザイナー募集 私たちと一緒に仕事しませんか?