売上げを上げる方法

会社の売上げを上げるには、どうしたらいいのでしょうか?

一言で売上げを上げると言ってもいろんな方法があります。営業努力をする。製品の品質を上げる。顧客サポートをしっかりする。販売促進活動をするなど、やるべきことはたくさんあります。しかし、ここでお話ししたいことは、もっと根本的な問題です。それは、マイルストーンデザインとして、私たちがクライアントに関わる部分と直結する問題でもあるからです。

クライアント企業が様々な努力をすることには、私たちがお手伝いできる範囲は及びませんが、マーケティングにダイレクトに関わるWebサイトやプロモーションツールは、その表現のしかたが売上げに大きく影響を及ぼします。

例えば、高級車を買うのに、安さを売りにする中古車販売店の安売りチラシのような表現では、高級車の品質や信頼は伝わらないどころか、ブランドイメージを壊し、お客さんも不信に思います。もちろん、そんな極端な例はほとんどないと思いますが、このようなミスマッチの表現は意外に多いものです。

マイルストーンデザインの仕事は、コミュニケーションの最適化です。会社とお客さんを強く結びつけることが仕事であり、最大の目的でもあります。この最適化=つながる力は、何が共感されるのか、何が潜在的なニーズに気づかせるのか、何が喜びを感じさせ、満足への期待をさせるのか。そうしたことを的確に詰めていくことがお客さんとの繋がりを強化します。そして、どうやってお客さんにリーチしていくのか、つまり、存在を知ってもらい、興味をもってもらうのか、そのためには、知られるためのメディア=媒体が必要です。

雑誌や新聞の広告、折り込みチラシ、ラジオやテレビへの媒体出稿はかなり高く付きます。よほど余裕があれば別ですが、かなり計算して戦略的に行わなければ、お金をドブに捨てるような結果になってしまいます。

小さな会社は、プロモーションにかける余裕もないので、できるだけお金がかからない方法によって周知させなければいけません。それが、メルマガだったり、ブログ、今ではFacebookなどSNSによる直接的な告知か、口コミ。また、雑誌や新聞、TVなどの媒体に、記事として取り上げてもらうPR(パブリックリレーションズ)などがあります。他にも、ゲリラマーケティングと言われるような、小予算で効果的に告知効果を上げていくやり方もあります。こうした手法を上手く使って、少し時間はかかりますが、お客さんを育てるつもりで、確実に増やしていくことが手堅い方法なのです。

お仕事で新たなクライアントに関わるとき、最初にいろいろなお話をお聞きしますが、マーケティングや経営戦略についてほとんど知らないか、理解されていない方もおられます。それまでは、そんなもの無くても、仕事が成り立っていたからです。売上げが落ちてきて初めて動き出す場合には、集客や売上げに対して、緊急性を持っている場合も多くあります。

しかし、緊急に対応して、いい結果を出せることは希です。それで結果がでるなら、すでに何とかなっていたでしょう。売上げ減によって経営的に問題がでている場合は、運転資金の借り入れや返済のリスケなど、財務面での対応が必要で、その間にマーケティングなど、売上げアップのための対応を考える必要があります。

会社を成長させるために顧客を増やしていくときに、顧客とのコミュニケーションを活性化させて、顧客満足度を高め、また、紹介などの促進をすることで、顧客への口コミを拡げていく。そこから新たに見込み客となり、新規顧客となったお客さんに、また、顧客満足を高めていく活動によって、着実にファンを育てていく。これは王道であり、基本です。

もし、短期間で利益を上げたい、緊急で収益を確保したいというのであれば、それはなぜなのか、その理由の方が大事です。なぜ、そうしたいのか、そうしなければならないのか。その背景になにがあるのか。これが長期的な経営においては、致命的な問題に発展する可能性がないとも言えません。

収益を上げられるかどうかは、ビジネスモデルがいかに上手く設計されているかが重要です。ビジネスモデルとは、ビジネスの仕組みであり、どんなビジネスで、誰に何を売って、どこで収益(キャッシュポイント)を得るかです。

ビジネスモデルは、業種業態である程度先例があるか、過去にない全く新しいビジネスに見えても、実際には他のビジネスモデルを置き換えただけだったりすることもあります。

つまり、先例があるならば、それらを参考に、より良いビジネスモデルを見習えばいいということです。そういうやり方をモデリングといいます。徹底的にモデリングすることで、短期間に効果的な結果を伸ばす会社もあります。どういう手法にしても、一番大事なところは、やはり、なぜそれをするのかという根本命題です。そこがすべての動機であって、永続的に情熱を焚き続けられるエネルギー源です。ビジネスのクォリティはここから来るのです。

売上げを上げるということは、難しいと思いがちですが、収益の流れがどうなっているのか、ビジネスの仕組みがどうなっているのかをよく見つめてみれば、意外にできていないこと、やっていないことも多く、そういうところを改善するだけで、売上げにつながったりします。儲からない。商売は難しいと嘆く前に、やるべき基本をもう一度洗い直してみる。同業他社がどのようにやっているのかをよく研究してみる。場合によっては、直接教えを請いに行く。意外にも好意的に教えてくれたりします。そういうことを丁寧にやってみて、さらに、マーケティングを見直す。

会社・商品の周知→見込み客の獲得→購入体験の満足度向上→顧客フォロー→顧客リピートまたは口コミ→顧客ファン化→顧客コミュニティの醸成→口コミループ

この流れをどのように作っていくか。ここがとても大事なところです。具体的には、このWebサイトの記事でお話ししています。そちらをご覧ください。

デザインにできること

コミュニケーションから始まる

マーケティングとデザイン

何のためのWebサイト

お客さんは誰

売上げを上げる方法

理想の会社

ファインディング・ジョー「英雄の法則」 FINDING JOE 真の自分と出会う冒険への誘い

Quest Cafe [クエストカフェ] 自分という人生を旅する。魂の物語。

採用情報  Iターン、Jターン、Uターン 地方で、岡山で仕事をしてみたいという Webデザイナー、グラフィックデザイナーの方へ Webデザイナー、 グラフィックデザイナー募集 私たちと一緒に仕事しませんか?