何のためのWebサイト

Webサイトは何のためにあるのか?真剣に考えたことがあるでしょうか?

今の時代、会社にWebサイトがあるのは当たり前。会社や活動のことを知ってもらうために、とりあえずWebサイトが必要。とにかくカッコイイWebサイトが欲しい。ネット通販したいから商品をWebサイトに掲載したい。などなど、Webサイトへの期待感は強いのですが、Webサイトが会社にとって、どのような位置づけなのか、どのような目的を持ち、どういう効果を期待しているのか、どのように扱いたいのか、お客さんにどう反応されたいのか、それによってどんな結果を得たいのか、会社がどんな状態になればいいのかなど、そこが考えられていないクライアントは意外に多いものです。

自分たちは素人だからデザインのことはわからないのでプロに任せる。でも、どういう結果を得たいのか、そのためにどんなものが必要なのかをイメージする中で、例えば、同業他社はどんなやり方をしているのか、他業種の中で気になるもの、ヒントになるものなど、経営戦略の中で、どんな風にしたいのかのイメージがないとすれば、それは経営的にも問題がある状態かもしれません。

私たちはプロフェッショナルとして、これまでの数多くの経験から、業種業態によって、どういうスタイルが適するのかをすぐに見ることはできます。しかし、それだけでは、お客さんからなぜ選ばれるのか、会社の独自性やコアコンピタンスを表現することはできません。

その会社にしかない個性というものは100社100様です。その会社らしいオンリーワンを表現し、伝えていかなくてはいけません。そのためには、まず、自社の基本的なコンセプトや考え方、どういう会社で、どこに向い、どこがゴールなのかを明確にする必要があります。それが明確であればあるほど、会社の表現はより個性的に、深くメッセージを伝えることができ、独自のブランドを醸成していくことができるのです。また、その中に、会社にふさわしいお客さんとの素晴らしい関係を築くことができ、会社の永続的な発展が期待できるのです。

Webサイトは会社の顔であり、どういう存在なのかを表現し、お客さんに感じてもらう最も重要なコミュニケーションツールのひとつになっています。お客さんは、Webサイトを通じて会社の個性、らしさを読み取り、どんなサービスや品質を期待できるのかを感じます。また、会社に対してどうすればいいのかを考え、判断するのです。Webサイトはお客さんに対して、単に会社の情報を提供するものではなく、また、商品を並べておいて、さあ、買ってくださいという場所ではありません。

自分たちの会社のことをよりわかりやすく伝え、理解していただき、また、会社として、こう見て欲しい、このように理解されたい、こんな会社として扱われたいという思いを表現するものでもあります。

お客さんに迎合して、買ってくれるならどんな姿にでもなるのではなく、自分たちの理想の会社、理想の姿、状態とは何か、どんな会社になりたいのか、それに向かって行く中で、お客さんとのコミュニケーションのブランド接点として、Webサイトは設計されなくてはいけません。そこには、通販サイトならば、Webサイトからの購入体験をどう味わっていただくかということも含めて、すべてがブランド価値として表現される必要があるのです。何のためのWebサイトなのかは、何のための会社なのかとイコールなのかもしれません。

Webサイトの目的

● 情報発信する
● 顧客を集める
● 顧客をサポートする
● ブランド力を高める
● 商品を販売する

デザインにできること

コミュニケーションから始まる

マーケティングとデザイン

何のためのWebサイト

お客さんは誰

売上げを上げる方法

理想の会社

ファインディング・ジョー「英雄の法則」 FINDING JOE 真の自分と出会う冒険への誘い

Quest Cafe [クエストカフェ] 自分という人生を旅する。魂の物語。

採用情報  Iターン、Jターン、Uターン 地方で、岡山で仕事をしてみたいという Webデザイナー、グラフィックデザイナーの方へ Webデザイナー、 グラフィックデザイナー募集 私たちと一緒に仕事しませんか?