あなたは、あなたが生きたい世界に生きている

2020.11.20

パラレルワールドで考える世界

 

あなたは多次元世界に生きている

パラレルワールドと聞いて、どんなイメージが沸くでしょうか?

このブログを読まれている方は、パラレルワールドを当たり前に思う方と、その考えに興味はあるけど、現実はわからない。もしくは、面白いと興味を持っていただける人が多いと信じています。

パラレルワールドの考え方は、スピリチュアルと言われたらそうかもしれませんが、現代の最先端の理論物理学の世界では、宇宙は11次元と言われています。超弦理論は、すべての物質と力をまとめる究極の理論として位置づけられていて、そこで使われる数学は、空間が10次元、時間が1次元の11次元の時空となっています。

スピリチュアルは否定しないのですが、スピリチュアルも2つあって、役に立たないフワフワしたスピリチュアルな世界とポジティブに役立つ、人生で使えるスピリチュアルがあって、私は、後者のスピリチュアルな考え方は大好きです。
科学的な根拠があろうとなかろうと、私たちの心やマインド(←一緒のようで、微妙にニュアンスが違う)、精神、人間性人としての成長進化が得られるなら、どんな仮説も活用したい

パラレルワールドとは、言うまでもなく、平行宇宙で、私という存在が同時に、多次元に存在していて、それぞれの人生を送っているというような考え方です。正直言って、荒唐無稽と言われたらそうでしょう。笑
まあ、語るのは自由なので、受け取れる方だけ受け取ってもらえたらと思いますが、批判はあなたに返っていくので、されない方がいいです。ただ、違うなと思ったら、ここから離れるのが最善です。

私は、この世界は無限パラレルだと考えています。
今生きている世界とは別の世界がもう一つあるのではなく、平行世界は無限の層に分かれている。もっと言えば、分かれていると言うよりもグラデーションのように精妙に分離しているので、実際には、明確にここからここという様に境界線を認識するのは困難かもしれません。

私たちはたった一つのパラレルを生きているのではなく、例えば、10から20くらいのパラレル領域にまたがって存在しています。
中心から周囲にエネルギーが拡がってぼやけるように、もっともエネルギーの高いところのパラレルを生きていますが、意識の状態が変わると、生きている中心のパラレルのレーンが変わって、その変わった意識にあったレーンへ移動する様な感じで、隣のレーンや近くのレーンに影響を及ぼしています。

動画は、映画なら1秒間に24コマ、テレビなどは30コマ、ネットなど4K映像では60コマという静止画をつなげて流すと、動いているように見える。アニメーションと同じなのですが、動いている人を1秒間に24コマ以上の静止画を撮影すれば、残像効果で再生時に動いているように見えるという原理です。
1秒間に60コマだと、連続する静止画はあまり変化が見られませんが、1秒間の最初と最後なら違いが分かるかもしれません。無限パラレルとはそんな感じで、とてもきめ細かいけれど、そこにはパラレルのレーンがあって、あなたはいずれかのレーンを生きていると言うことになります。実際には、その境界はないのですが・・・

 

あなたの選択次第で、得られる結果は変わる

あなたが日々、どんな選択をするかによって、あなたが受け取る結果が変わってきます
あなたの意識が変わったら、あなたが生きている現実というパラレルのレーンが変わり、あなたに起こる現実が変わってきます。テレビゲームのロールプレイングゲームの様に、あなたが何を選択するかで物語が変わるのと同じです。

あなたが何かを選択するとき、それはあなたのいまの、もしくは、その時の意識がその選択を決めることになります。それによって、その先の展開が決まります。選択は変えることもできますが、周囲に与えた影響によって、その結果を変えることが難しいのは、現実世界で当たり前ですが理解できると思います。
あなたが物事をいつも肯定的=ポジティブに捉え、自分にとって一瞬いやな出来事も、それを肯定的に捉え、メッセージとして受け取ったり、そこから軌道修正するきっかけと捉えるなら、あなたは常に肯定的な未来へとレールを切り替えていくことになるでしょう。

しかし、あなたにとって不都合な出来事に常に不平不満を感じ、文句を言って、このせいで自分はこうなっていると、状況を他人や状況のせいにし続けていると、そのようにあなたの世界が展開される。そのようなパラレルレーンに居続けることになります。
あなたは、いまこの瞬間からそのレーンを肯定的なレーンへと移動していくことは可能です。何の制限もありません。自由です。
ただ、これまで不平不満でネガティブな意識を持った人が、いきなり肯定的なレーンを選択するのは難しいかもしれません。

以前、ロサンゼルスのハイウェイを走ったときに、車線が5車線~8車線くらいあるところもあって、日本では考えられないくらいの車線数です。まあ、一部、高速道路の料金所であるにはありますが。。。
この車線の一番左から一番右へ、時速120キロ以上で走っている中で、車線をどんどん右へ移って行くというのは簡単なことではありません。
ネガティブ領域のレーンからポジティブ領域のレーンに行くには、そのように、一足飛びには行けません。なぜなら、あなたの意識を変えなければいけないからです。もちろん、方法はあるわけですが。。。

 

世界は透明な巨大デパート

よく話すことなのですが、この世界は、透明な巨大なデパートがあって、そのデパートを真上から見ているようなものだということです。

デパートは、デパ地下が食料品売り場、1Fがコスメ、2F・3Fがレディースウェア、4Fがメンズウェア、5Fが子供服、6Fが生活雑貨、7Fがインテリアや催事・イベントスペースというような感じで構成されていますが、それぞれの階のどの階が好きですか?また、どの階に住んでいるでしょうかと言うことです。人は各階に生きていますが、上から見ると同じ場所にいるように見えます。

デパートに住むと言うのはないんですが、マンションだとどのフロアも住居なので、説明が難しいので、デパートで例えるのがわかりやすいわけです。
つまり、この階層のイメージがパラレルワールドと言うことです。あなたが好きな階、暮らしやすいフロアにいて、人によって3階から5階までにまたがって存在していたり、6階だけにいたりします。
問題なのが、本来5階の住人なのに、2階と1階に間違って暮らしている。生きている人がいます。こうした人は本来、その人が生きる階ではないので、とても生きにくいわけです。

こういう間違った階で暮らしていると、人生に、度々トラブルが起こり、上手くいきません。それはなぜそのような問題が起きるかというと、本来の階に戻るように気づかされようとしているわけです。
その人の魂は戻りたいわけですが、幼少期から植え付けられたビリーフ、思い込みや自分は誰かを助けなければいけないとか、自分が何かをすることによって、誰かの役に立ちたいという自分の価値、存在を証明しようとしたりして、一生懸命活動したりします。しかし、本来は、そんなことしなくても世界は成り立っています。その人がその人のやるべきこと、楽しく生きる、自由に、幸せに、生きたいように生きることでバランスが取れるようになっています。
しかし、エゴや思い込みによって、本来ではない、間違った生き方をしてしまう人は多いものです。

このデパートの階層は上の階がいいとか、優れていると言うわけではありません。その人にとって最良の階がある。そもそも階層と言うよりも、陸上競技のトラックのように、その人が走るべきトラック、レーンがあると言うことです。どうしても階層状態にすると上が良くて下が悪い。上が優れていて、下は優れていないというイメージがありますが、決してそうではありません。
ただ、本来の自分ではない場所では心地よくない生きにくいという感じです。山でも酸素の薄い標高の高い場所は、そこに順応している民族や人々しか生きにくいわけです。

 

あなたが生きている世界

あなたの生きやすい場所はどんな場所でしょうか?

子供の頃、時々思ってたのですが、ヤクザの事務所って、怖い人が集まっていて、怖い人どうしで、お互いに怖くないのかなと思っていたんです。笑 しかし、彼らは怖くありません。普通の人から見たら怖いけれど、彼らの文化の中ではそれが粋だったり、強さやセンス、文化だからです。
逆に、どこかの宗教団体ならば、皆さん優しくて、微笑みを浮かべ、丁寧に対応してくれて、悩みや苦しみに共感してくれて、献身的にサポートしてくれようとします。しかし、何か不健康な感じだったり、生活が苦しそうに見えたりします。笑 個人的には、そんな場所にあまりいたいと思わないのですが、そこが心地よい人々もいるわけです。
こうしてみたら、私もあなたも、私たちが生きたい場所を選択し←意識的にせよ、無意識的にせよ。私たちが選んでいると言うことがわかりますか?

なぜ、そんな選択をしているのでしょうか?

◎あなたが出かけるとき、もしくはお家にいるとしてもいいでしょう。
今日着る服を選ぶとき、なぜあなたはその服を着るのでしょうか?

◎あなたは、今日何を食べるでしょうか?ランチでお店に入って、何を注文しますか?
なぜ、それを注文するのでしょうか?

◎お店の店員さんの態度や出会った人の態度に、気分を悪くします。
なぜ、気分が悪いのでしょうか?何に反応しているんでしょうか?

◎あなたが音楽を聴いています。どんな音楽を聴いているでしょうか?
なぜ、その曲を聴いているんですか?

◎あなたは友人たちと飲みに行きます。
なぜ、その仲間と飲みに行くんですか?

すべては選択です。あなたが何らかの価値を感じたり、そうしたいと思うからそれを選択し、それを選ぶという決断をしているのです。それはなぜなんでしょうか?
それがあなたが暮らす、生きているフロアです。あなたの今いる場所なんです。

あなたの価値観、信じている世界、世界観はどんなものでしょうか?
世界はどのように見えていますか?

 

あなたが何もしなくても、世界は進化し続ける

もう一つ言えば、これはあくまでも私の考えですが、

世界は巨大な客船なんだと思うんです。
あまりに大きくて、巨大な客船に乗っているなんて分かりません。
地球は宇宙に浮かぶ巨大客船とも言えます。
客船は海に浮かぶホテルと言われたりしますが、船の下から上までフロアが何層もあって、客船の場合は、上に行くほど高級なフロアになっています。

私たちが生きているこの世界、この宇宙、私たちが体験しいる世界は、どのフロアで人生を生きていようが、同じ目的地に向かって進んでいます。私たちの成長、進化というものが、進むべき方向であり、世界だとしたら、私たちは、私たちという人間、そしてこの身体やマインドという器を通して、いろいろなものを体験し、感情を味わって、進化していっている最中です。そして、私たちがどんな体験をしようと、どんな選択をしようと、何か間違いを犯したとしても、そこには学びがあって、必ず、あなた自身の成長の糧となります。そして、その体験は人類の集合無意識、もっと言えばこの世界、そして地球という集合無意識に刻まれ蓄積されて進化のための推進剤となります。
結果、世界は目に見えない巨大な客船として、進化の行き着く先の目的地へと進み続けています。
この巨大な客船の上では、何をしても、何もしなくても、船は進み続けています。つまり、目的地へと向かっています。あなたが何もしなくても集合無意識として進化していきます。

そうした意味で、あなたにとって最も大事なものは、体験です。

この人生で何を体験するか?どんな世界を体験するか?そこからどんな感情を味わうのか?
これこそがあなたにとって、世界にとって、宇宙にとってもっとも大事なことなのです。

このお話、とても面白いので、さらに深めて、現在はすでにお亡くなりになられていますが、精神科医だったデイヴィッド・ホーキンズ博士が研究した意識のレベルについて、別の記事でお話ししたいと思います。2008年に、私が直接、アリゾナ州のセドナまで博士に会いに行って、いろいろインタビューさせていただいた時のお話を交えながら、この深い意識の世界についてお伝えしたいと思います。

他にも、いろいろな角度で経営やマーケティング、ブランディング、Webサイト制作について、お伝えしていますので、他の記事もぜひ、お読みください。ありがとうございました!

マーケティング、ブランディング、Webサイトの無料ご相談もやっていますので、
お気軽にご相談くださいねお問合せはこちら

Inspirater 和田達哉
株式会社マイルストーンデザイン 代表